国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF) 公式ブログ

国際協力NGOをサポートする認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)のブログ。NGO・経済界(経団連、企業など)・政府(外務省など)が連携し、国内外の緊急人道支援を実施。寄付金・募金受付中。

岩手県沿岸部の子どもを取り巻く背景にについて ~保育ニーズ、放課後の居場所、子どもの減少~

こんにちは、岩手担当の高久です。 前回、2月に掲載したブログ、「共に生きる」ファンド締め切り前の現場スタッフがしていることとは?の記事には、助成金申請を考えている団体さんへの相談対応の様子をお伝えしました。今回は、日々地域担当が行っている重…

海外事業部スタッフが東北視察ツアーに参加しました

こんにちは。ジャパン・プラットフォーム(JPF)海外事業部の鳴海と申します。普段はアフガニスタンやパキスタンのプログラムを担当しています。 2015年3月、仙台で行われた第3回国連防災世界会議の機会をとらえて、JPFは宮城県の東日本大震災の被災地や復興…

関西の企業様に、東日本大震災復興の現状をお伝えしてきました。

宮城地域担当の三浦です。 先日、グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク*1の関西分科会様よりご依頼をいただき、東日本大震災の復興の現状をお伝えしてきました。 東日本大震災発災より50か月が過ぎて、なお8万世帯近くの被災者が仮暮らしをされて…

発災から4年、今なお続く余震:東北で震度5強

5月13日早朝、東北地方の広い地域で観測された宮城県沖マグニチュード6.8(推定)の地震には、久々であったこともあり、本当にびっくりしました。東日本大震災直後には慣れてしまってさえいた緊急地震速報にも大いにたじろいで、一瞬「何をなすべきかの思考…

【満員御礼】「国際NGOの東北支援談話ナイト~地域とつくるコラボレーション~」開催報告

2015年3月、防災分野の国際的な取り組みについて各国政府関係者が話し合う「第3回国連防災世界会議」が宮城県仙台市で開催されました。この期間仙台の街は、会議参加者だけでなく国内の支援関係者や一般市民の方々も広く参加できるシンポジウム・イベントな…

ロンドン大学LSE「3・11追悼記念 エネルギーフォーラム」にスピーカーとして参加

2015年3月11日(ロンドン現地時間)にロンドン大学LSE(London School of Economic and political science)に招待され、JPFと東日本大震災被災者支援及び被災地、特に福島の状況について講演する機会を得ました。参加者はおよそ150人程度で、大教室はほぼ埋め…

「これからの地域を支えるために必要な支援とは」に参加しました

2015年2月7日(土)に、宮城県労働者福祉協議会、特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター共催で石巻市労働会館にて行われたセミナー、「これからの地域を支えるために必要な支援とは」に参加しました。 後半のシンポジウムでは「これからの地域を支…

3月14日、第3回 国連防災世界会議(仙台)にて、JPF一般公開イベント 『国際NGOの東北支援談話ナイト ~地域とつくるコラボレーション~』を開催

イベントのお知らせです。 国際的な防災戦略について議論する国連主催の会議、「第3回 国連防災世界会議」が、宮城県仙台市にて、3月14日(土)~18日(水)に開催され、国連に加盟する世界193カ国から、各国首脳・閣僚を含む政府代表団、国際機関、認定NGOなど5…

「共に生きる」ファンド締め切り前の現場スタッフがしていることとは?

こんにちは、岩手担当の高久です。 ジャパン・プラットフォーム(JPF)では、東日本大震災の被災者の方々の「自立」、「共生」、「こころ」を支えることを目指し、支援活動に共に取り組む団体(非営利法人)への資金助成を実施しております。このプログラム…

「共に生きる」ファンド助成団体「しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福島」の活動をご紹介

今回は福島県郡山を拠点に活動している「しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福島」の活動をご紹介します。 「しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福島」の活動は多岐に渡っていますが、JPFの助成金で実施している活動として、一つは親と子の交流を目的とした「劇団…

【JPF国内事業部スタッフによる東北紹介】28ロゴカバン・おのくん・くるみ等

ジャパン・プラットフォーム東北事務所の地域担当は、日々担当している県内中をモニタリングや、取材などで回っています。 その中で、おいしモノやお得なものはもちろん、想いのこもったさまざまな商品や場所に出会います。エピソードも交えていくつかまとめ…

ジャパン・プラットフォームの国内災害への取り組み

こんにちは、ジャパン・プラットフォーム(以下、JPF)国内事業部国内災害担当の佐藤です。阪神淡路大震災から20年経ちました。そして間もなく東日本大震災から4年が経とうとしています。JPFでは東日本大震災以降、様々な国内災害の緊急救援活動を実施してま…

JPF東北事務所に新しいメンバーが加わりました

ジャパン・プラットフォーム国内事業部 東北事務所に新しいメンバーが1月より入りましたのでご紹介します。 写真:東北事務所にて ジャパン・プラットフォームの東北事務所で総務経理を担当させていただいております、今野幸江と申します。 学生の時以外、生…

JPF国内事業部の新しいメンバー

今回はJPF国内事業部で活動をスタートしたメンバーのご紹介です。 はじめまして、高橋智誓と申します。 12月1日よりJPF東京事務所で“活動”しております。どうぞよろしくお願いします。なぜ“活動”という言葉を使ったかというと、私は自分が勤めている民間企業…

「広域避難者支援ミーティング in かなが わ」に参加

11月30日に開 催された、福島県から神奈川県に避難されている方々を支援する関係者が集まる「広域避難者支援ミーティング in かなが わ」に参加しました。1部で は福島県の避難者支援事業、埼玉県で活動している支援団体、東京都で活動している支援団体の連…

12月11日「東京の中心で4年目の東北が見えるフォーラム」まであと10日

12月11日、大手町にてジャパン・プラットフォーム(JPF)東北駐在スタッフ、地元の助成先団体、現地キーパートナーが、これまでの東日本大震災被災者支援における活動と、これからの復興に求められることを生の声でお伝えするイベントを開催します。 先週、J…

ソウルフードと復興 -復活した中華食堂熊谷の担担麺ー

私は大の激辛坦々麺好きなのであるが、東北を回っていると、とてもおいしい、真っ赤な激辛担担麺が私の後をついてくる。 例えば福島県郡山市の「正月屋」、「酒采刀削麺」、福島市の「二階堂」、宮城県仙台市宮城野区の「本竈」、岩手県遠野市の「広東厨房」…

ソウルフードとコミュニティ再生

先日参加した、「浪江復興まちづくり協議会」と、ジャパン・プラットフォーム(以下JPF)が助成する「ふくしま連携復興センター」と「まちづくりNPO新町なみえ」の主催で開催された復興まちづくりシンポジウムにおいて、関西学院大学の山中教授の基調講演が…

みやぎ連携復興センターへJPFスタッフを派遣しています。

東日本大震災発災より一週間後の3月18日に政府や県、自衛隊、NPO/NGO、自治体等との連携の必要性を想定しみやぎ連携復興センターは設立されました。ジャパン・プラットフォーム(JPF)は設立当初よりみやぎ連携復興センターの構成団体として関わり…

広島土砂災害被災者支援活動

ジャパン・プラットフォーム(以下JPF)では2014年8月20日に発生した広島土砂災害被災者支援活動を展開しています。 発災から1ヶ月以上が経過した今も、避難生活を余儀なくされる方や、ライフラインが復旧せずに苦しい生活を送っている方がいらっしゃいます…

「釜石あそび場MAP」の取り組みがJCN現地会議in岩手で紹介されました

被災地では今、東日本大震災をきっかけに震災以前からある社会課題が複雑化、加速化しています。また復興住宅の建設や集団防災移転、自力再建などが進み、新たなステージの新たな課題が出ています。複雑化する地域課題を正確に把握し、その課題解決のために…

企業様と地元のニーズをつないでいます

震災後3年が経過し、ジャパン・プラットフォームの東北事業としては企業のCSR始め、ドナーの方を、直接ジャパン・プラットフォーム(JPF)が支援する地元団体にお繋ぎすることにも力を入れています。 今月8月1日に味の素グループ様の活動拠点が新たにいわき…

新しい災害対応への取り組み

ジャパン・プラットフォーム(JPF)国内事業部の佐藤です。 今回はJPF国内事業部の東京での活動をご紹介します。 JPF国内事業部では東日本大震災の支援や災害発生時の緊急対応はもちろん、東日本大震災の経験を基に今後の国内災害への備えも行っています。 …

福島での避難指示解除や帰還のその後と    困窮状態打開への取り組み

今回は福島の避難者の現状や生活の様子、支援活動についてお伝えします。 福島では現在、川内村など避難指示が解除され、帰村宣言*1が出されたところでは、支援が打ち切られてしまいます。しかし、就労や商売から病院や買い物などまで、生活の拠り所を原発の…

当団体名等をかたった迷惑メール・詐欺メールにご注意下さい

最近、ジャパン・プラットフォームの団体名を語ったり、当団体より連絡先を取得したと詐称する「迷惑メール」が発信されていることが確認されました。これらのメールは、当団体とは一切関係がありません。 発信者への返信を促す内容が記載されておりますが、…

20代30代の若者たちの地域貢献への強い想いを具体的に!              「伊達ルネッサンス塾」の取り組み

第17回JPF「共に生きる」ファンドにおいて助成が決定した、地域の未来を担う若手人材育成塾「伊達ルネッサンス塾(以下、伊達ルネ塾)」が本年度から開講されました。先日行われた伊達ルネ塾に参加してきましたのでご紹介します。 伊達ルネ塾とは地域貢献…

釜石市鵜住居川流域地区で菜の花農園整備を通じた「コミュニティ再生」

今回は2014年4月までジャパン・プラットフォーム(JPF)が助成を行っていた、一般社団法人 ユナイテッド グリーン(以下ユナイテッドグリーン)の事業を紹介します。ユナイテッドグリーンは、主に岩手県釜石市鵜住居川流域地区において、「コミュニティ再生…

東日本震災被災者支援を行うNPO向けの助成金「共に生きる」ファンド第18回募集が開始

東日本震災被災者支援を行うNPO向けの助成金 「共に生きる」ファンド第18回募集が開始されます。期間は8月19日(火)~8月26日(火)です。「共に生きるファンド」は、東日本大震災の被災者の方々の「自立」「共生」「こころ」を支えることを目的に支援活動を共…

予算ゼロからの『釜石あそび場MAP』完成!~行政・支援団体間の連携・協働~

このたびジャパン・プラットフォーム(JPF)も制作メンバーとして関わっておりました『釜石あそび場MAP』が完成しましたのでご紹介します。 東日本大震災により甚大な被害を受けた被災市町村においては、仮設住宅等が学校の運動場や公園等に建設され、子ども…

コミュニティによるサロン活動いろいろ:勿来まちづくりサポートセンター

今回はジャパン・プラットフォーム(JPF)の共に生きるファンドで3回に渡り助成している、勿来(なこそ)まちづくりサポートセンターの活動をご紹介します。 勿来まちづくりサポートセンターは、福島県いわき市勿来で、津波による被災者のコミュニティ形成と…

東日本大震災被災者支援「共に生きる」ファンドの第16回助成事業が決まりました!

「共に生きる」ファンド第16回助成事業が決まりました。 ジャパン・プラットフォームでは、東日本大震災の被災者の方々の「自立」、「共生」、「こころ」を支えることを目的に支援活動に共に取り組む団体(非営利法人)へ助成する仕組みとして、「共に生きる…

「立ち読み、お茶のみ、おたのしみ」 移動図書館事業-シャンティ国際ボランティア会

今日はJPFの助成金により、加盟団体である公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(以下、シャンティ)が実施している、移動図書館事業を紹介します。 この移動図書館事業は、岩手、宮城、福島の3県にまたがって運行されています。今日紹介するのは、福島…

ブログが一部リニューアルします

2014年1月よりジャパン・プラットフォームの海外事業に関するご報告はFaceBookへ移行いたします。 <a href="https://www.facebook.com/japanplatform" data-mce-href="https://www.facebook.com/japanplatform">Japan Platform (ジャパン・プラットフォーム)</a> Japan Platform (ジャパン・プラットフォーム) - 東京都 千代田区 - 団体 | Facebook FaceBookでは海外・…

8月29日シンポジウム「アフガニスタンの今~日本のNGOの役割とは」終了のご報告とお礼

2013年8月29日(木)、ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、明治学院大学ボランティアセンターとの共催で、アフガニスタンに関するシンポジウムを開催いたしました。 シンポジウムの冒頭では、ご来賓のファティミ駐日アフガニスタン大使から日本政府、国民…

シリア紛争人道支援:ヨルダンでみてきたこと

「1ヶ月前に産まれたんだよ。」私が写真を撮らせてほしいというと、そう言ってまだ首が据わっていない赤ちゃんの写真を撮れるように見せてくれました。赤ちゃんを見るおばあちゃんの表情は慈愛に満ちており、生まれてきた命に対する確かな愛情を感じ取ること…

ヤルキタウンコミュ二ティキッチン:地元の食文化を通じた交流の場

写真:降り立った遠野駅は土砂降りでした。 普段はほとんど仙台の東北事務所から出る機会がない私ですが、6月下旬に4日間、岩手へ行ってまいりました。岩手では、現地の会議に参加させていたたり、助成先の団体さんを訪問したり、仮設住宅や仮設商店街を見て…

【東日本大震災被災者支援2012年度報告書:届けてきた支援とこれからの展望】

Photo by Natsuki Yasuda/studio AFTERMODE 2012年度の東日本大震災被災者支援の報告書が出来上がりました。 本報告書では、支援活動を通じて紡がれた、様々なストーリーを紹介しています。例えば、震災と津波で大きな被害を受けた三陸の水産業への支援。仕…

1日30円からの災害・人道支援:マンスリーサポーター募集開始

この度、ジャパン・プラットフォームはマンスリーサポーターの募集を始めました。いつ起きるか予測できない災害に対して、迅速かつ最適な支援を行うためには、日頃からの備えが必要です。ジャパン・プラットフォームは、災害発生時に支援を必要としている方…

【中国四川地震被災者支援(2013)】出動までの物語

写真:避難所©ADRA 「中国四川で大きな地震が起こったらしい」との一報を受けたのは4月20日のことでした。土曜日の昼下がり、春の麗らかな陽気に身を任せてゆっくり寝ていたら、こんな連絡でたたき起こされるのは困ったものです。「災害は忘れたころにやって…

お母さんたちへの寄り添いを通じてのネットワーク構築

福島の相馬・南相馬で活動するBridge for Fukushimaは、ジャパン・プラットフォームの「共に生きる」ファンドの助成で2つ事業を実施しました。第10次「乳幼児を持つお母さんの子育てネットワーク フェーズⅡ」2013年3月31日に事業終了第12次「南相馬市小高区…

ジャパン・プラットフォーム2012年度終了プログラム振り返り

5月末の理事会にて、2012年度の事業報告書と収支報告書が承認されました。2012年度は、合計16のプログラムが実施され、うち9プログラムが年度内に終了しました。今回は、2012年度に事業を終えたプログラムを紹介させていただきます。※プログラム名五十音順。…

TICAD Vブース出展、シンポジウム開催を終えて

5年に一度のTICAD V(第5回アフリカ開発国際会議)開催に伴い、アフリカでの支援活動を続けているジャパン・プラットフォームは、一般開放の会場に4日間ブースを出展し、6月2日にはシンポジウムを開催しました。 ブースには多くの方々に立ち寄って頂き、ジャ…

東京キリンビバレッジサービス(株)より、北見様にご協力頂くことになりました

この度、東京キリンビバレッジサービス(株)の北見様に、ジャパン・プラットフォーム事務局に対し、ご協力頂くことになりました。そこで、北見様に、ジャパン・プラットフォームにご協力頂くことになった経緯や、感じていること、活動や意気込み等をお伺い…

2年間の宮城県気仙沼駐在を終えて

写真:気仙沼町づくりセンター合宿のファシリテーションの様子 2013年5月15日をもって約2年間の宮城県気仙沼駐在が終えることとなった。団体(ジャパン・プラットフォーム)としても個人としても初めての国内災害に対する本格的な対応であり、難しさとやりが…

【寄稿:建築史家 陣内秀信氏】住宅調査で訪ねたシリアの思い出を振り返る~シリア情勢の回復を願って~

シリアの地を始めて踏んだのは、1990年の夏である。当時、我が国で、「イスラームの都市性」という大きな研究プロジェクトが推進され、イスラーム世界の都市の在り方に大きな関心が寄せられていた。その傘下で、アラブのエジプト、シリア、そしてトルコ…

1,000人以上のNGOリーダーが参加する、米国でのInterActionフォーラムに参加

ジャパン・プラットフォーム(3名)、JANICを含めた日本のNGOメンバー10人は、2013年4月28日~2013年5月5日まで、NGOの能力強化を主目的とした研修、TOMODACHI NGOリーダーシップツアー(ワシントンD.C.)へ参加してきました。 本研修は、米国の様々な人道支…

スターツ首都圏千曲会総会にて、募金活動と活動報告をさせて頂きました

ジャパン・プラットフォームは先日、スターツCAM株式会社のお取引先様組織団体である「スターツ首都圏千曲会」の年次総会にて、事務局長椎名による活動報告と募金活動をさせて頂きました。 スターツグループによるジャパン・プラットフォームへのご支援は、2…

岩手県大槌のNPO「吉里吉里国」による「復活の薪プロジェクト」

今日は岩手県大槌で活動する「吉里吉里国」という地元のNPOを紹介します。吉里吉里国は震災直後から避難所で被災灌木を使った薪による風呂提供事業などを実施して来ました。現在は「復活の薪プロジェクト」を展開し、薪の生産と販売により雇用創出、コミュニ…

ジャパン・プラットフォームとロンドン・ビジネス・スクール~震災について考える異文化交流

3月最終週の土曜日夕方、イギリスにてMBAを学ぶロンドン・ビジネス・スクールの学生さんたちが日本を訪れるツアーのスケジュールの一貫として、東日本大震災について学ぶ機会が設けられ、ジャパン・プラットフォーム東北スタッフがスピーカーとして、登壇さ…

アフガニスタン・パキスタン人道支援の第3フェーズが始まりました。

ⓒSVA 2010年7月に開始したアフガニスタン・パキスタン人道支援は、今年2013年1月から第3フェーズに入りました。 第1フェーズは7団体による7事業でしたが、第2フェーズは7団体による9事業、第3フェーズは9団体による12事業と、年々参加団体も事業数も増えて…