読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF) 公式ブログ

国際協力NGOをサポートする認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)のブログ。NGO・経済界(経団連、企業など)・政府(外務省など)が連携し、国内外の緊急人道支援を実施。寄付金・募金受付中。

助成団体紹介:福島県相馬郡新地町「NPO法人みらいと」

福島

6月24日、福島県相馬郡新地町の「NPO法人みらいと」へ、事業モニタリングに伺ってきました。

地域全体で元気に安心して暮らせるまちづくりを目指し、フェーズに合った企画を積極的に取り入れています。理事長の目黒さんをはじめ、スタッフの皆さん全員が地元愛にあふれた熱い団体です。 

震災後、放射能の影響で子どもを外で遊ばせることをためらっていた時期が続いたことで、子どもの肥満がこの地域で問題となっています。

「キッズ耕せ」は、事前に線量をしっかり測り(新地町は震災後も放射能の影響は無い)土いじりをしながら、子どもたちが自分達で野菜や芋を植え、体を動かしながら農業体験をします。地元の農園の協力を得て7月5日に行われました。秋には育った作物を子どもたちで収穫し、芋煮会の予定もあります。
f:id:japanplatform:20150705093733j:plainf:id:japanplatform:20150705111224j:plain

体を動かす活動はもうひとつ、「体幹トレーニング教室」があります。「みらいと」のスタッフであるプロの柔道整復師さんが指導する運動で、幅広い年齢層の参加があり大変好評だったようです。f:id:japanplatform:20150509104022j:plainf:id:japanplatform:20150509110219j:plain

運動不足でADL(日常生活能力)が低下しがちな高齢者でも簡単にでき、寝ころびながら弱りやすい部分を重点的に鍛えられ、さらに皆さんで集まって楽しみながらできる体操です。
f:id:japanplatform:20150509094310j:plain
また、引きこもりがちな方にとっても外に出る良い機会となり、顔見知りも増えて災害公営住宅への移行におけるコミュニティ形成のきっかけ作りにもなっています。
この体操を続けた「みらいと」のスタッフの中には5kg、10kg減と、かなりのダイエットに成功した方がいらっしゃいました!!

そして社会福祉協議会と連携した「高齢者見守りサポート」。
f:id:japanplatform:20150507154024j:plain

この地域の高齢者災害公営住宅は9割着工済みで8割が入居済です。「みらいと」では3月から高齢者災害公営住宅の全戸訪問を開始していますが、最初は当然のことながら入居者の皆さんとは顔見知りではないため、活動を知ってもらうこと自体に苦心されたようですが、今では信頼を得て一戸一戸丁寧に入居者の顔色や話しぶりを見ながら、困っていることがないか、食事をきちんとしているか、部屋の様子に変化がないかなどを見守っています。
f:id:japanplatform:20150507154558j:plain

f:id:japanplatform:20150423134942j:plain
同時に、普段から気を付けるべき健康情報や疾病予防についてわかりやすく書いた新聞「しんち未来人しんぶん」や、栄養バランスと保存のしやすさを考えた食品の配布もしています。新聞や食品の内容には、「みらいと」の皆さんの真摯な仕事ぶりが反映されていると感じました。

他地域でも災害公営住宅に移ってからの見守り体制について不安の声が挙がっている中、優良な先行事例となっていくでしょう。

さて、もうひとつ楽しい企画があります。
8月1日に「地域みんなで地域を盛り上げよう!」という熱い思いの詰まった第5回「やるしかねぇべ祭」が「みらいと」も実行委員会として参加し、開催されます。
楽しいイベントや花火大会など、盛りだくさんの内容です!

NPO法人みらいと|福島県新地町を応援するまちづくりNPO

写真(C)NPO法人みらいと

 

ジャパン・プラットフォーム 国内事業部 斎藤


東日本大震災支援被災者支援特設サイト|認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)


国際協力NGOジャパン・プラットフォーム -日本・海外で緊急人道支援・援助を行う非営利活動団体(認定NPO法人)に寄付・募金を。