ジャパン・プラットフォーム(JPF) 公式ブログ

緊急人道支援組織、認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)のブログ。NGO・経済界(経団連、企業など)・政府(外務省など)が連携し、国内外の緊急人道支援を実施。寄付金・募金受付中。

平成30年7月豪雨災害状況:JPF現地連携レポート

今回の災害において被災された多くのみなさまに心よりお見舞い申し上げます。避難されている方はもちろん、災害対応に尽力されている地域のみなさまの生活が少しでも早く、元の平穏な生活に戻れるよう祈っています。

713日より724日まで、平成307月豪雨災害対応に伴い愛媛県に入りました。地域に入っている際は、なかなか落ち着いた時間が取れず、みなさんへのお知らせができませんでしたので、愛媛の状況と共にご報告します。 

JPFは75日の雨の降り始めから情報収集を始め、78日より西日本全体に及ぶ被害情報の把握のため、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)と調整のうえ緊急初動調査チームを愛媛県に派遣しました。調査チームの第2陣だった私は、713日より愛媛入りし第1陣からの申し送りを受け活動を始めました。 

f:id:japanplatform:20180727183442j:plain

第一陣出発の様子

今回の災害はエリアが広域で、被害状況の把握がままならず、支援が足りていない地域や分野がどこなのか、いまだに明確にはなっていない状況です。新聞報道や災害対策本部資料、加盟団体、社会福祉協議会など支援関係者との情報交換などを行い、支援の過不足、抜け漏れが出ていそうな地域を現地調査するため、今治市や大洲市、西予市、宇和島市などを巡回しました。

 

愛媛県内では肱川流域の被害が大きく、大洲市と西予市のいたるところで河川が氾濫し、場所によっては5mを超える浸水となった地域もあります。鹿野川ダムの下流では濁流の影響で橋が通行不可の状況となっています。平時の川の水位からは想像もできないほど水位が上がっていることがわかりました。

川沿いはV字谷のようになっており、避難する場所が限られており多くの車両が水没し、暮らしの足に不自由が出ている方が多数いらっしゃいます。716日に高台に設置された避難所を訪れ話を聞きましたが、家の片づけと避難所の往復には臨時で送迎のバスが出ている状況だそうです。伺った避難所では地域の方々有志で助け合いのネットワークが作られ、交代で食事を作っていらっしゃいました。災害は地域の脆弱な部分を浮き彫りにしますが、同時に地域の方々の新たな助け合いも生み出します。避難所での運営の課題が多く上がる中、地域の方々による避難所運営サポートができており、日頃からの地域づくりの大切さを実感しました。

f:id:japanplatform:20180727185012j:plain

7月14日 大洲市肱川流域、鹿野川ダムの下流の通行止めとなった橋

f:id:japanplatform:20180727185342j:plain

7月16日 大洲市の避難所 望湖荘

西予市の野村地区では多くの家屋が浸水被害にあっており、社会福祉協議会を中心とした災害ボランティアセンターに集まるボランティアによる家屋の泥出しが重要です。西予市の災害ボランティアセンターでは15日に1000人を超えるボランティアが活動しましたが、連休後は活動人数が半分以下の状態が続いています。地域内のすべてのニーズに応えるためにはまだまだボランティアが必要な状況です。

f:id:japanplatform:20180727185941j:plain

7月14日 ボラセン資機材の洗浄の様子

 宇和島市は西予市と同様に災害ボランティアセンターの活動人数の伸び悩みという課題の他、断水の影響とみかん畑への被害が甚大です。

断水に関しては、宇和島市内吉田地区の浄水場が埋没し復旧にかなりの日数(数か月)がかかる見込みで、臨時の浄水施設が建設されることになりました。しかし、その完成見込みは復旧の目途が早まり8月上旬となっています※。地域の方々は避難所に入られていない方も含め、自衛隊の入浴施設や、給水を受けなければいけない状況が続いています。地域内各所に生活用水が溜めてあり、住民の方々はそこに水を汲みにこなければなりません。家で炊事もできないため、炊き出しの時間になると周辺の地域から避難所となっている公民館へ、食糧を取りに来るような状況です。

f:id:japanplatform:20180727190226j:plain

7月15日 宇和島市吉田公民館前の自衛隊入浴支援

f:id:japanplatform:20180727190319j:plain

7月17日 宇和島市吉田地区の様子

f:id:japanplatform:20180727190353j:plain

7月17日 宇和島市吉田地区の様子

宇和島市はみかんの産地(聖地)ですが、今回の豪雨はみかん畑に大きな被害を与えています。みかん畑は急な斜面を、土を盛り上げ、もしくは石垣を積み上げて段々畑となっていますが、多くの場所で斜面が崩落しており畑の復旧作業にどれだけの時間がかかるのか見当もつきません。また、みかん畑が密集している地域は宇和島市中心部より車で30分程度かかり、道も細く土砂崩れの影響で孤立している世帯が多くあったような地域です。

今後、多くのボランティアが必要になるのは間違いありませんが、本州から遠く離れた宇和島市中心部からさらに離れたところにありアクセスが大変困難です。去年は台風被害で収穫が激減し、今年は豪雨被害と2年連続の収穫減。そこに追い打ちをかけるように農地復旧という重荷が農家の方々にのしかかっています。営農をあきらめる方も出てきていると聞いています。

f:id:japanplatform:20180727190508j:plain

7月20日 宇和島市

f:id:japanplatform:20180727190557j:plain

7月20日 宇和島市

f:id:japanplatform:20180727190605j:plain

7月20日 宇和島市

巡回で得られた情報は、毎晩松山市で行われる愛媛県、愛媛県社協、愛媛県中間支援組織との情報共有の場で共有しています。また、地域を巡回する際は、その地域で活動しているJPF加盟団体や支援団体のみなさんと情報共有、意見交換をしています。また、加盟団体など現地入りする際はなるべく同行しています。遠野まごころネットが愛媛入りした際は、共に現地調査の一環として、西予市野村小学校でプラン・インターナショナル・ジャパンが実施している「こどもの居場所支援」の現場を訪れました。その際、シャンティ国際ボランティア会(翌日から野村小学校でサロンを開催予定)と、同じくプラン・インターナショナル・ジャパンの活動を視察していたセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが偶然にも一堂に集まり、それぞれの団体が持つ被災者やニーズに関する情報を交換しました。団体から活動の状況や課題、地域の状況を聞くと共に、JPFからは県域で共有されている情報や企業支援や近隣の協力できそうな団体情報などを提供しています。

f:id:japanplatform:20180727190614j:plain

7月10日 愛媛県社協情報共有会議

f:id:japanplatform:20180727190628j:plain

7月16日 大洲市内にて情報交換

f:id:japanplatform:20180727190637j:plain

7月19日 西予市野村小学校にて

また、723日には愛媛県社会福祉協議会と、えひめリソースセンターを中心とし、愛媛県庁や内閣府、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)、くまもと災害ボランティア団体ネットワーク(KVOAD)、JPFが協力する形で、第一回えひめ豪雨災害・支援情報・共有会議(仮称)が行われました。愛媛県内で支援活動を行う団体と社会福祉協議会、行政が集まり、それぞれの持つ情報と課題を共有し支援の効率化を図る会議になります。こちらの会議の運営支援をJPFが一部お手伝いしています。

f:id:japanplatform:20180727190645j:plain

7月23日 えひめ豪雨災害・支援情報・共有会議(仮称)

広島県、岡山県を筆頭に、超広域のエリアで被害の出ている平成307月豪雨水害は地域の方々を中心に中長期の支援活動になるのは間違いありません。まだまだ被害の全容が明らかになっていない状況ですが、西日本全体の被害状況と地域の状況を随時判断し、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)やJPF加盟団体と協力し、地域のみなさんと共に歩むJPFならではの事業を今後も展開していきます。今後も西日本豪雨水害の状況に関心を持っていただけるとありがたいです。

そして、同時に、JPFが対応した災害だけでも、朝倉の水害、熊本地震、東日本大震災の復旧復興も現在進行形です。組織で個人で、仕事でボランティアで、さまざまな立場でできることを一緒に考えていきましょう。よろしくお願いします。

ご寄付はこちらから

http://www.japanplatform.org/programs/westernjapan-disaster2018/

 

地域事業部 三浦

 

写真はすべて(C)JPF

  2018731日訂正

 

西日本豪雨被災者支援2018

この度の「平成30年7月豪雨」災害により犠牲となられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます

 

75日より降り続いた大雨が、西日本の広域で大きな被害をもたらしました。当日必死に避難した方の状況や、一刻を争う救出活動の様子、家族との最後の会話となった電話の場面などがメディアで流れると本当に胸が痛みます。

今避難所で過ごしている方も、変わり果てた我が家に帰ることがどれほど辛いか、暑い日々が続く中、避難生活における疲れやストレス、今後への不安は日々増していると思われます。

 

JPFは、78日から愛媛県に緊急初動調査チームを派遣し、79日には「西日本豪雨被災者支援 2018」プログラムを開始しました。現地では、現地の被災状況を把握し、現地自治体や社会福祉協議会、NPONGOとの情報共有を重ね加盟NGOの事業立上げのサポートをしてきました。また、支援の抜けや漏れを防ぐためにも、各機関の持つ支援の力をより効率的に被災された方々に届けるためにも、こうした支援する組織が互いを認識し協働し合うネットワークづくりのお手伝いもしています。

JPF加盟NGO5団体(2018719日現在)が被災各地に入り現地調査を開始、今後支援活動に取り組んで行きます。

f:id:japanplatform:20180723163518p:plain

      支援団体・社会福祉協議会・自治体と打ち合わせを行うJPF職員@愛媛

 JPFおよび加盟NGOの活動は、ボランティア活動とはまた異なり、支援ニーズを把握した上で組織的・計画的・効率的に展開していきます。東日本大震災や熊本地震など、これまでの経験も活かして、被災者の方々が直面する問題に、プロアクティブに対応しています。

 

支援活動はこれから本格化します。

JPFの「西日本豪雨被災者支援 2018」プログラムへのご支援、よろしくお願いします。

 

ご寄付はこちらから

http://www.japanplatform.org/programs/westernjapan-disaster2018/

 

 

地域事業部

谷内田

 

写真は(C)JPF

第3回JVOAD全国フォーラムに行ってきました

こんにちは!
ジャパン・プラットフォーム(JPF)東京事務所の田中です。

f:id:japanplatform:20180627120251p:plain

パンダのシャンシャン(香香)の誕生日であった6月12日(火)と翌13日(水)の2日間、JVOAD(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)主催のフォーラムに、昨年に続き参加してきました。会場は昨年同様、両国の国際ファッションセンター(KFCホール)でした。

f:id:japanplatform:20180627120657p:plain
昨年は、国技館で大相撲5月場所が開催されていましたが、
今年のフォーラムは6月だったので、大相撲は開催されていませんでした(写真は昨年のものです)。

昨年、「稀勢の里が横綱に昇進して横綱が4人となった相撲トランプを記念に後日買いに来る」とこのブログに書いていましたが、結局買いそびれてしまい、幻のトランプになってしまいました。

f:id:japanplatform:20180627120732p:plain

会場付近の海抜は、昨年と変わっていないようです。

JPFオフィスを出発する際、渉外部スタッフに「今日は、ちゃんこ!」と言われました。そうです。会場が両国なので、確かに「今日は、ちゃんこ!」です。フォーラムは午後からなので、「ちゃんこは夜に」ということになります。

f:id:japanplatform:20180627120807p:plain
午後1時の開始とともにオープニングセッションとパネルディスカッション「災害対応と連携の新たな動き」がスタート。午後の分科会ではJPFの柴田緊急対応部長がコーディネーターを務める分科会5に参加しました。

昨年は、分科会のタイムキーパーを僕が担当しましたが、今年の担当者は昨年よりキッチリと時間管理していたので、時間に余裕ができ、パネリストの方々の追加のお話を聞くこともできました。

そしていよいよ「今日は、ちゃんこ!」の時間となる夕方。地域事業部スタッフからちゃんこのお店の情報をもらいました。そのお店は、そのスタッフがその日のランチでちゃんこを食べた後に見つけた「こっちの方が良さそうに見えた」お店だとのことでした。

ちゃんこに一緒に行く人を募らなくてはと思ったのですが、教えてくれたスタッフは、「昼にちゃんこを食べたし、夜行くと本格的にスカウト(相撲部屋に)されてしまうから」とのことでお断りされました(笑)。ほかのスタッフも用事があったようで、結局一緒に行く人を募ることができませんでした。

でもここは、「地域事業部ブログ」のためにも今日はちゃんこを食べなくてはならないという強い使命感から、教えてもらったお店に向かいました。

f:id:japanplatform:20180627120843p:plain
到着して入店してみると、竜宮城の様な、非常に良いお店でした。僕が所属している部の連携調整機能(今回はお店を教えてくれたスタッフから僕)の完成度の高さと、自己犠牲の精神(まず身を挺して自分が失敗してから他の人には良いお店を教えてくれる)を感じました。
お店は、僕よりも若い40歳とのことでした(写真の右下をご参照ください)

f:id:japanplatform:20180627121032p:plain
ちゃんこはこんな感じでした。着物の袖が写っていますが、着物を着たお姉さんが、ちゃんこを作ってくれました。

ちゃんこを食べ終わる頃、〆に鍋に投入するものを勧められました(雑炊、うどん、ラーメンがあるそうです)。

健康診断を1週間後に控えていたので、かなり迷いましたが、「〆を投入しないとちゃんことして完成しないのではないか?」という言い訳を思いつき、結局1番人気っぽい雑炊を頼んでしまいました(心の片隅には全部食べずに味をみて、残してしまえばいいやという気持ちもあったのだと思います)。

f:id:japanplatform:20180627121139p:plain
あまりにも美味しかったので、一粒残らず食べてしまいました。「おかわり!」と言いそうになりましたが、思いとどまりました。

f:id:japanplatform:20180627121501p:plain
店内はこんな感じでした。

f:id:japanplatform:20180627121554p:plain
これは天井の写真です。

ちゃんこ自体は勿論のこと、お店の雰囲気、サービスと比較すると、格段にお手頃なお値段でいただくことができました(お店を教えてくれたスタッフに感謝!)。

昨年の流れを踏襲して、今年も吉祥寺で途中下車して、「カオス」というバーに寄りました。このバーのオーナーバーテンダーの香織さんは「クローバープロジェクト」というネーミングで東日本大震災の復興支援活動をされています。ここで香織さんが、その「クローバープロジェクト」の「チャリティコンサート」の前売り券を、僕が購入していたことを思い出させてくれました。

「クローバープロジェクト」にご興味のある方は、以下のサイトをご覧になってみてください。https://www.facebook.com/Kurobapurojekuto/


翌日の6月13日(水)は9時30分から全体セッションがスタート。会場で、前日に夜のちゃんこに誘ってみたもののさらっと流されてしまっていたJPFの「マダム」と言われている人から「昨日は、ちゃんこ食べに行ったの?」と聞かれました。写真なども見せながらすごく良いお店だったと説明したところ、その「マダム」と「頼れるお姉様風」のスタッフと一緒に、前日に行ったお店にちゃんこのランチを食べに行くことになりました。

お店に着いて「ここは元お相撲さんがやっているの?」というような話をしていたところ、お店のお兄さんが気を利かせてお店の説明のパンプレット(全8ページの豪華版)を持ってきてくれました。

f:id:japanplatform:20180627121834p:plain
「これを見れば全て分かります!」とのことでしたが、ご婦人方お二人には各一部ずつくれたのに僕にはくれないという、絵に描いたような笑える状況になってしまいました。お二人が同情してくれて、「ブログを書くんだから」ということで一部を僕にくれました。

f:id:japanplatform:20180627121920p:plain
ちゃんこのランチは、こんな感じでした。こんなに盛沢山なのにこのお値段っていう感じの良心的な値段設定でした。2日間で2度美味しいちゃんこになりました(前日は塩味でしたが、このランチは醤油味でした)。

f:id:japanplatform:20180627122050p:plain
午後は、JPFの柴田緊急対応部長がパネリストを務める分科会8に参加しました。

f:id:japanplatform:20180627122122p:plain
分科会の後、クロージングセッション「協働でつくる災害支援の未来」に参加し、その後JPFの事務所に帰りました。

JVOADのフォーラムにご興味がある方は、以下のサイトをご覧になってみて下さい。

http://jvoad.jp/

https://www.facebook.com/jvoad/


時は変わって6月16日(土)、JVOADのフォーラムの初日の夜に前売り券を購入していたことを思い出した「クローバープロジェクト」の「チャリティコンサートVol.7」「夢と不思議を翼にのせてⅡ」に行ってきました。

f:id:japanplatform:20180627122221p:plain
会場は、吉祥寺にあるライブハウス「スターパインズカフェ」というところでした。

f:id:japanplatform:20180627122326p:plain
会場では、被災地応援グッズが販売されていました。てぬぐいの包装紙ののしには「クローバープロジェクト」の文字とマークがありました(見えにくいですが、写真の左側に写っています)。Tシャツの左胸の「We♥東北」のマークは、このチャリティコンサートの出演者のカズ・カタヤマさんというマジシャンの方がデザインしたとのことでした。

f:id:japanplatform:20180627122453p:plain
手作りキャンドルも販売されていました。このキャンドルには、野蒜海岸の砂と貝がらをとじこめてあるとのことでした。「水に濡れても消えないキャンドルなので、一家に一個あると災害のときに良いですよ」とのことでした。

f:id:japanplatform:20180627122528p:plain
東松島などのパンフレットなども置いてありました。

f:id:japanplatform:20180627122652p:plain
チャリティコンサートには、カオスでお知り合いになっている、ソプラノ歌手の吉村美樹さんとマジシャンの一太郎さんが出演していました。その他にカズ・カタヤマさんというマジシャンの方も出演していました。

f:id:japanplatform:20180627122734p:plain
一太郎さんの演技の様子です。

f:id:japanplatform:20180627123118p:plain
吉村美樹さんの演技の様子です。ピアノは岩間麻里さんです。

f:id:japanplatform:20180627123151p:plain
カズ・カタヤマさんの演技の様子です。途中から、吉村美樹さんと岩間麻里さんとの共演でやっていました。

f:id:japanplatform:20180627123246p:plain
演目の合間に、「クローバープロジェクト」の活動報告がありました。

f:id:japanplatform:20180627123325p:plain
パネリストも登場して説明していました。

f:id:japanplatform:20180627123358p:plain
パネリストが説明している写真もう1枚。

f:id:japanplatform:20180627123441p:plain
活動報告の後にはEsquisses de Voix(エスキス・ドゥ・ヴォア)という高校生を中心としたコーラスグループのコーラスなどもありました。Esquisses de Voixは、「声のデッサン」という意味だそうです。2017年に設立したばかりのコーラスグループとのことでした。

いろいろ盛り沢山で、楽しいチャリティコンサートでした。

地域事業部(2017年4月1日より、国内事業部から名称を変更しました)

田中

 

写真はすべて©JPF


http://tohoku.japanplatform.org/ 

熊本地震から2年

 こんにちは。地域事業部の斎藤です。

 2016年4月14日、および4月16日に発生した震度7の地震、そして震源地を移動しながら大きな余震が続いたあの地震から、2年が経ちました。
 私が14日の地震を知ったのは、宮城の出張に行っていた時で、地震速報の「熊本で震度7」に驚き、急いでホテルのテレビで確認したのを覚えています。東京に戻ってからは、初動対応に追われ、JPF加盟団体はじめ関連する様々な団体や、被災された皆様のお知恵を頂戴しながら、夢中で過ごした2年でした。
 熊本では3年目に入るこの時期、様々なイベントが開催されました。私たちは15日朝から熊本入りし、まず西原村を視察しました。昨年11月にも訪れていて、その様子は以下のブログに掲載しています。
「熊本復興支援に必要な力を身につける活動研修事業」について、お知らせします。
2017-12-16
http://blog.japanplatform.org/entry/2017/12/16/195223
 未だ道路の通行止めが散見され、山肌は崩れたまま、家の土台部分もブルーシートで崩れを防止したお宅が多数あり、5カ月経っても変わらないように見えました。

f:id:japanplatform:20180501114049j:plain
2018年4月の西原村の様子 ©JPF

f:id:japanplatform:20180501114250j:plain
西原村唯一の建設型仮設住宅、小森仮設団地 ©JPF

 私自身、この仕事をする前は「仮設住宅に入れば、復興が進むようになる」と何となく考えていたところがありましたが、とんでもない間違いであったと痛感しています。
 また「仮設住宅」というと建設型のプレハブ住宅だけを思い浮かべがちですが、東日本大震災と同様、既にあるアパートや公営住宅をとりあえず仮の住まいとする「借上型仮設住宅=みなし仮設住宅」もあります。みなし仮設住宅に入居している戸数は、熊本地震では建設型仮設住宅の約3倍以上あります。当時空室であった通常の住居にバラバラに入居するため、外から被災者と分かりづらく、情報や支援が行き届きにくいことが指摘され続けています。
 3月末時点で、3万8000人以上の人々が、未だに仮の住まいでの生活を続けられています。
〇応急仮設住宅等の入居状況(H30.3.31現在)
http://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=19798&sub_id=14&flid=144749

 さて、午後からは、JPFと共に復興に取り組む、特定非営利活動法人くまもと災害ボランティアネットワーク(以下「KVOAD」)が主催した【地域コミュニティ再生から見る震災後の熊本の未来】に出席しました。
https://www.facebook.com/events/1473334676128810/

f:id:japanplatform:20180501115157j:plain
KVOAD 共同代表 樋口さん ©JPF

 登壇者は、現地で被災しながらも支援活動を続ける方々の他、東北や神戸・中越からも力を貸してくれているみなさんが集まりました。内容の一部を紹介します。
 基調講演をされた神戸まちづくり研究所の野崎隆一さんからは「一人ひとりの状況を、時間をかけて丁寧に聞き、適切なアドバイスをしたり専門家などにつないでいくのは、行政には難しいが民間団体だからこそできる」こと、また、KVOADの樋口務さんからは、発災当初からの支援ニーズの移り変わりを、Panasonicと協働して分析したプロジェクトの報告がありました。
 東日本大震災後、Uターンして岩手に戻り活動を続ける、いわて連携復興センターの中野圭さんからは、「復興の主役は地元の人間。仕組みよりも“気合い”」という、自分たち自身の思いと意志の大切さを伝えてくれました。
 益城町の避難所時代から被災者自身で日常を取り戻していくことを大切にしてこられ、現在は仮設住宅に住み支援者としても精力的に活動を続けている、益城だいすきプロジェクト・きままにの吉村静代さんは、震災以前から長きにわたり活動してきたまちおこしの経験を活かし、中野さんと同じく「主役はわたしたち」であること、「できる人が、できることを、できたしこ*(*熊本弁で、できる分だけ)」「顔の見える関係づくり」についての報告をしてくださいました。
 イベントが終わると、一同は懇親会に集結、熱い話で盛り上がりました。多くの地域から集まる人々の顔を見ていると、「ここはどこ?東北?東京?熊本?!」状態でした。
 このような場での繋がりでは、お一人おひとりの思いをご自身の飾らない言葉で話してくださるので、深く感じ取ることができます。

f:id:japanplatform:20180501115515j:plain
左から、いわて連携復興センター・鹿野さん、カセスル熊本・金田さん、右手前、きままに・吉村さん ©JPF

f:id:japanplatform:20180501115603j:plain
中央奥、この日唯一の20代?今後の活動について明確に希望を発言する、熊本大学災害ボランティア sunflower・大坂君 ©JPF

JPFの熊本支援も3年目に入ります。仮設住宅から自宅再建し戻られる方、一方で仮設住宅に残られる方など、それぞれの動きがバラバラになり、個別の丁寧な支援が必要になる長いフェーズになります。これからが生活の再建の本番といってもいいでしょう。

被災しながら支援を続ける方もたくさんいらっしゃいます。JPFは引き続き、現地の皆様のお知恵を頂戴しながら、お役に立てるよう尽力してまいります。

今後引き続き、まだまだこれからの熊本の様子に注目してください。

応援とご支援を、よろしくお願いいたします。

地域事業部 斎藤

▼JPF熊本地震被災者支援(九州地方広域災害被災者支援)サイトはこちら

www.japanplatform.org

 

子どもに何を伝えたいですか? ~川内っ子を育む井戸端会議~

こんにちは。

ジャパン・プラットフォーム(JPF)地域事業部の山中です。

2018
412日木曜日、新緑が眩しい福島県双葉郡川内村のコミュニティセンター2階にて夕方午後6時より、JPFが支援する川内コミュニティ未来プロジェクト主催の第一回「川内っ子を育む井戸端会議」が開かれました。

f:id:japanplatform:20180416142651j:plain(c)T.Y.

f:id:japanplatform:20180416142622j:plain(C)JPF


川内村は原発事故後、比較的早く避難指示が解除され、帰村宣言が出されたところです。現在帰還率も70%となっていますが、子どもの半分は戻りませんでした。
このプロジェクトは戻った子どもにも、戻らない子どもにも、川内の自然と、自然と共存してきた生活、文化のすばらしさを伝えていこうという企画です。
そして伝える中で新しいコミュニティを未来に向けて築いていこうというプロジェクトです。

「川内っ子を育む井戸端会議」では、約30名の川内エリアの地元村民と外部から川内村を支援する人が一緒になって、川内の子どもに何を伝えたいか話し合いました。
非常に胸の熱くなる、涙が溢れ出る、内容の会議であったと思います。

f:id:japanplatform:20180416142756j:plain(C)JPF

f:id:japanplatform:20180416142858j:plain(C)JPF

次回の集まりでは、子どもの声を聴き、川内村のオルタナティブ教育や学校外教育に反映させていく予定です。

尚、この事業は昨年度より復興庁CDN事業の支援を受けています。

ジャパン・プラットフォーム(JPF)地域事業部 山中努

▼以下の写真はすべて(C)JPF

f:id:japanplatform:20180416142941j:plain

f:id:japanplatform:20180416142951j:plain

f:id:japanplatform:20180416143023j:plain

f:id:japanplatform:20180416143031j:plain

f:id:japanplatform:20180416143041j:plain

f:id:japanplatform:20180416143052j:plain

f:id:japanplatform:20180416143059j:plain

f:id:japanplatform:20180416143123j:plain

f:id:japanplatform:20180416143133j:plain

f:id:japanplatform:20180416143140j:plain

f:id:japanplatform:20180416143145j:plain

f:id:japanplatform:20180416143153j:plain

f:id:japanplatform:20180416143115j:plain


tohoku.japanplatform.org

 

NPO活動における会計講座を開催

こんにちは。
ジャパン・プラットフォーム(JPF)の藤原です。

震災から7年が経ち、福島の避難指示解除地域では、徐々に人が戻りつつあり、新たなイベントやしばらく休止していた富岡町の『桜まつり』が復活するなど、春の知らせを感じるようになってきました。 JPFでは、東日本大震災の被災者支援を行う中で、福島県の『浜通り』地域と、いまだ避難者の多い中通り・会津・県外地域との両方を対象に、復興等の活動を行う市民活動団体の支援に力を注いでいます。

福島県全域で言えることは、震災以前より、『お祭り』など生活の一部となっている地縁活動は非常に活発で、住民同士の結びつきも強かったのですが、いわゆる法人格や団体としての要件を明示的に整えた、組織化されたNPOやボランティア活動はそれほど盛んではありませんでした。 また、避難生活の長期化や地元への帰還の過渡期ということもあり、数少ないNPO団体は、年を追うごとに仕事量が増え、少ない人員や経営資源の中で、事業が急拡大しているところが多いです。

一方で、これまでも内陸のいわゆる福島県中通りでは、適宜必要な会計講座などが地元の中間支援組織等を通して行われていましたが、浜通りからの参加は距離的な要因もあり、限定的でありました。なかなか浜通りでは会計講座に参加できる機会がないという声も実際にありました。 そのような団体の方々に対し、事業立案や運営の支援を行うメニューの一つとして、会計に関する講座を12月に開催しました。(復興庁「被災者支援コーディネート事業」の一環) 講座には、JPFの顧問公認会計士である高野寛之先生(高野寛之公認会計事務所)をお招きし、NPO活動における会計に関する基礎的な内容に関する講義や各団体個別の課題についての相談に対応いただきました。

f:id:japanplatform:20180328105843j:plain
高野寛之先生(C)JPF

(法人格のある)NPOの会計は、NPO法人自体が、他の法人に比べ、歴史が短く、その会計基準が整備途上にある点や、『収益』に関するとらえ方のNPO法上と税法上の違いに対する誤解など、難しい点がいくつかあります。 今回の講座では、主に企業会計にも、NPO会計にも精通されている高野先生から、その違いに焦点を当て、わかりやすく説明を頂き、予算遵守のNPOに対し、決算が重要視される企業の会計に関して、決算書の認定機関が理事会や社員総会であることなどについて説明を頂きました。

f:id:japanplatform:20180328105959j:plain
8団体12名の参加(C)JPF

それらの違いに関する説明に加え、

・試算表の活用について(ミスの早期発見)
・補助科目を使った効果的か会計ソフトの活用
・会計士との『クラウド』サービスを通じた効果的な連携
・会計事務所との付き合い方や会計の外部化・内部化について、など、
実務に効果的なアドバイスもありました。

 

また、個別の相談では、
『クラウドファンディング』の取り扱いについて
『認定NPO法人』取得について
など、数年前では出されなかったような、資金調達方法の多様化や
寄付文化の浸透を感じざるを得ない質問が多数寄せられていました。
このほかJPFでは、コミュニケーション講座など対人関係の円滑化といった
支援を通して、団体の活動促進などを行っています。

f:id:japanplatform:20180328110122j:plain(C)JPF

ジャパン・プラットフォーム(JPF)地域事業部 藤原

東日本大震災の現場のご紹介

今年の冬は雪が降ります。日本海側ほどではありませんが、すっかり雪景色の仙台より岩手、宮城担当の三浦です。みなさま、お住まいの地域はいかがでしょうか?大雪に見合われている地域でこれ以上の被害が出ないこと祈るばかりです。 

ところで、東日本大震災の現状についてどのように情報を入手されていますでしょうか?新聞やニュース、団体のHP、JPFもできる範囲で情報発信させていただいており、様々な形でアンテナを張られていると思いますが、現場の声、特に人の‘想い’や‘感情’まで知ることはなかなか難しいのではないかと思います。  

そんな中、現場の熱量、人の想いを知る手段としてクラウドファンディングをご紹介します。JPFは復興から取り残される方がいないよう、広い視野で被災地全体の課題を捉えるよう努めていますが、どうしてもお手伝いしにくい地域や分野が発生します。

今回、JPFからの情報発信に乗りづらいですが、地域担当として特にみなさんに知っていただきたい3つの事業を紹介します。

 一つ目は、宮城県丸森町筆甫(ひっぽ)地区のチャレンジです。

丸森町は宮城県の最南端、福島県との県境に位置し、自然豊かな里山に囲まれた桃源郷のような地域です。震災前は恵まれた自然環境を活かし、都会からの移住定住者を積極的に受け入る先進地でしたが、東日本大震災発災後はすべてが一変しました。

地域活性化として力を入れていた山菜、キノコやイノシシ肉などは汚染され、移住の動きも全て止まりました。

放射線 の影響という観点で県境にはまったく意味がありません。しかし、支援策としての県境は大きな壁となり除染や保証の部分で丸森町は大きな苦労をしています。内陸部にあたるため津波被害がなく外部支援団体はほとんど入っていません。孤立無援の先の見えない状況の中、住民のみなさんは様々な試行錯誤を繰り返し、今大きなチャレンジを行っています。筆甫の現状、住民のみなさんの想い、どんなチャレンジをしているのか、是非是非、以下リンクをご一読ください!

 丸森町筆甫に地域を再生させる「ひっぽのお店」をつくりたい!

https://readyfor.jp/projects/hippo

 二つ目は、「津波復興祈念資料館・閖上の記憶」のチャレンジです。

名取市閖上地区にある閖上の記憶は、発災当時の映像や津波の痕跡の残る遺物、また語り部の拠点として、語り部タクシーの巡回ルートにも入るなど、東日本大震災で亡くなられた方に想いを寄せ、教訓を学ぶための民間施設として重要な役割を果たしています。

被災地である閖上に存在し、閖上で語ることを大切にしてきたため、復興計画に伴うかさ上げ工事で移転を余儀なくされてきました。慰霊の施設や伝承施設は宮城県内に複数ありますが、民間の施設として多くの映像と記録を残し、語り部活動を行っているところは稀です。この施設が現在存続の危機に陥っています。

閖上の記憶の現状と今後の計画について是非以下をご覧ください。 

 「津波復興祈念資料館・閖上の記憶」恒久的施設へ!

https://readyfor.jp/projects/tsunami-memorial

 三つ目は福島県浪江町で行われているチャレンジです。

原発事故により全町避難を余儀なくされた 浪江町は2017年3月31日に一部避難解除になりました。震災前約21,000人の住民がいた浪江町ですが、一部避難解除になった後、2018年1月現在、約500人の方が戻られた状況です。震災前の人口の約2%しか人がいなくなってしまった浪江町。そんな浪江町の中心部に町民はもちろん、浪江町を支援したり、ボランティアする方たちの交流拠点となるゲストハウスをつくろう!というチャレンジが始まっています。避難指示解除後の地域支援は何から始めたらよいか私も悩みます。とはいえ、最初の一歩がなくては何もスタートしません。勇気ある最初の一歩、是非関心を持っていただけるとありがたいです。

 震災で町民が0人になった浪江町に人が繋がり集う場所を作りたい

https://readyfor.jp/projects/14815

  東日本被災地にはご紹介しきれない多くのチャレンジがまだまだあります。被災地の復興は、こういった小さなチャレンジの積み重ねで成し遂げられるのだと思います。チャレンジを応援するJPFでありたいと思いますし、チャレンジに優しい被災地に、そしてチャレンジに優しい日本をみなさんと作りたいですね。

今回事例を紹介できなかった岩手県では、岩手県に限定したクラウドファンディングを集めたサイトがあります。岩手のチャレンジを応援したい方、以下サイトをご覧ください。

いしわり ~岩手をもっとおもしろく! 岩手発のクラウドファンディング~

http://ishiwari.iwate.jp/

 東日本への継続的関心をいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

 

▼ジャパン・プラットフォーム(JPF)本サイトはこちら

www.japanplatform.org