ジャパン・プラットフォーム(JPF) 公式ブログ

緊急人道支援組織、認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)のブログ。NGO・経済界(経団連、企業など)・政府(外務省など)が連携し、国内外の緊急人道支援を実施。寄付金・募金受付中。

休眠預金活用事業

外国ルーツ住民の自立支援:シャンティ国際ボランティア会の活動紹介(休眠預金等活用事業)

JPFは、休眠預金等活用事業(2022年通常枠)として、日本国際交流センター(JCIE)と共同で「アウトリーチ手法による外国ルーツ住民の自立支援」事業を実施しています。この事業には全国から6つの実行団体が参加し、外国ルーツを持つ方々の悩みや問題の改善…

「つながり」で変えていく在留外国人支援 アウトリーチ事業 第3回連携会議(休眠預金等活用事業)

JPFは、休眠預金等活用事業(2022年通常枠)として、日本国際交流センター(JCIE)と共同で「アウトリーチ手法による外国ルーツ住民の自立支援」事業を実施しています。この事業には全国から6つの実行団体が参加し、外国にルーツを持つ方々の悩みや問題の改…

災害時の食料支援体制構築 2HJが福岡と熊本で意見交換会を実施(休眠預金等活用事業)

JPFは2021年の通常枠休眠預金等活用事業において、高齢者、障がい者、外国人、乳幼児を抱える家族など、災害時に支援から漏れがちな方を重点的な対象とした、発災時から復興期までの食料支援体制の構築に取り組んでいます。 この事業の実行団体の一つである…

能登の被災地での支援活動を視察して(休眠預金活用事業)

能登半島の被災地では、発災後3ヶ月が経過しましたが、依然として炊き出しや食料支援が不可欠な状況が続いています。特に公的支援の届かない可能性のある方々への食料確保が課題です。そんな中、私たちは休眠預金活用事業で能登での食支援に取り組む2つの…

外国ルーツ住民の支援事業 ネットワーク会議を開催しました

JPFは、休眠預金等活用事業(2022年通常枠)として、日本国際交流センター(JCIE)と共同で、「アウトリーチ手法による外国ルーツ住民の自立支援」事業を実施しています。この事業には全国から6つの実行団体が参加し、外国にルーツを持つ方々の悩みや問題の…

セカンドハーベスト・ジャパンが現地での意見交換会を開催しました(休眠預金活用事業)

JPFは2021年通常枠休眠預金事業において、災害時の支援から漏れがちな人々、特に高齢者、傷病者、障がい者やその家族、外国人、乳幼児を抱える家族などに対する、発災時から復興期までの、食料支援体制の構築に取り組んでいます。 この事業における実行団体…

実行団体がYONAGO防災フェスタでの炊き出しデモに参加しました(休眠預金活用事業)

休眠預金事業2021年通常枠の実行団体の一つであるセカンドハーベスト・ジャパンは、7月8日(土)に米子市で開催されたYONAGO防災フェスタにおいて、災害時のフードバンク団体等による広域食の支援スキーム構築事業の一環として、炊き出しデモを行いました。 …

四国における災害時の食料支援体制構築事業が第1回連携会議を開催しました(休眠預金活用事業)

休眠預金事業2021年通常枠の実行団体の一つである、全国フードバンク推進協議会が取り組む「四国における災害時の食料支援体制構築事業」において、7月28日(金)待望の第1回連携会議が徳島で開催されました。 本事業は四国地域の食料支援体制をより強固に…

新型コロナウイルス対応支援助成(在留外国人支援)の公募を開始(休眠預金活用事業)

こんにちは! JPFはコロナ禍での在留外国人の直面した課題に対して休眠預金等交付金を活用した「在留外国人への緊急支援と持続的な体制構築」(SAFOR)事業を実施します。なお、本プログラムは在留外国人・移住者にかかわるアドボカシー活動に取り組んできた…

災害支援事業の公募説明会のご案内(休眠預金活用事業)

こんにちは! 先日、公募開始をお知らせしたJPF休眠預金事業「2021年度通常枠 災害支援事業」に関し、オンラインでの公募説明会を開催いたします。 日時:3月14日(月)13~14時 場所:オンライン(ZOOM) 参加費:無料、ただし事前登録制(3月11日15時締切…

2021年度通常枠 災害支援事業の公募を開始(休眠預金活用事業)

こんにちは!今回は休眠預金活用事業の公募開始のお知らせです。 ジャパン・プラットフォームは、感染症が蔓延している状況下での災害発生であっても、被災地内外の民間団体が連携して支援が可能となるような分野ごとのネットワーク形成、そして、感染症下の…

公開シンポジウム開催のご案内(休眠預金活用事業)

今回は休眠預金活用事業に関する公開シンポジウム開催のお知らせです! JPFは、日本国際交流センター(JCIE)との共催で、2月28日(月)に公開シンポジウム「コロナ禍での支援現場の声を聞くー 危機で試される在留外国人支援」を開催します。 JPFおよびJCIE…

メディア掲載~災害ケースマネジメント研修(休眠預金活用事業)

こんにちは! 以前のブログで、特定非営利活動法人YNFと特定非営利活動法人ワンファミリー仙台のコンソーシアムによる災害支援事業(防災・減災支援、緊急災害支援)を紹介しましたが、徳島市において開催された同事業による「第2回災害ケースマネジメント研…

在留外国人向けの相談会(休眠預金活用事業)

こんにちは! JPF休眠預金事業の「新型コロナウイルス対応緊急支援(在留外国人支援)」の実行団体による支援活動の一環として、11月3日に千代田区の聖イグナチオ教会において、外国籍の方を対象とした医療相談会が開催されました。 当日は、JPFの助成する「…

災害ケースマネジメントのノウハウ移転(休眠預金活用事業)

こんにちは! JPF休眠預金事業の災害支援事業(防災・減災支援、緊急災害支援)では、特定非営利活動法人YNFと特定非営利活動法人ワンファミリー仙台のコンソーシアムによる「防災・減災に取り組む民間団体等への災害ケースマネジメントノウハウ移転事業」が…

宮城県大郷町で藍染め体験(休眠預金活用事業)

藍色に染められた手拭い©JISP こんにちは! 「台風15号・19号被災地支援プログラム」の実行団体である日本インターナショナル・サポート・プログラム(JISP)は、令和元年の台風19号で被災された宮城県大郷町の方々が暮らす仮設住宅・コミュニティにおいて、…

長野市長沼地区での復興まちづくり(休眠預金活用事業)

こんにちは! 今回はJPF加盟NGOであり、休眠預金活用事業「台風15号・19号被災地支援プログラム」の実行団体である「SEEDS Asia(以下SEEDS)」の活動内容などを紹介いたします。 SEEDSは2019年の台風19号で大きな被害を受けた長野市の長沼地区において、地…

新型コロナウイルス対応緊急支援の採択団体のご紹介(休眠預金活用事業)

JPFは、休眠預金活用事業「新型コロナウイルス対応緊急支援」に関し、2つのプログラムにおいて、資金分配団体に指定されております。今回は、そのうちの一つである在留外国人支援に関し、採択団体と活動地域などをご紹介いたします。 ★特定非営利活動法人 移…

災害支援事業の採択団体のご紹介(休眠預金活用事業)

JPFは休眠預金活用事業の2020年度の災害支援事業(防災・減災支援、緊急災害支援)の資金分配団体にも指定されております。今回は採択団体と事業内容について、簡単にご紹介いたします。 同事業では、ガバナンス・コンプライアンス体制、事業分野における経…

宮城県大郷町で住民の元気を支える取り組み(休眠預金活用事業)

今回は、「台風15号・19号被災地支援プログラム」の実行団体であり、JPF加盟NGOでもある「日本インターナショナル・サポート・プログラム(JISP)」の活動内容を紹介いたします。 ©日本インターナショナル・サポート・プログラム JISPは、宮城県大郷町で令和…

長野市北部地域で子どもと保護者の支援(休眠預金活用事業)

こんにちは、JPF休眠預金活用事業担当です! 久しぶりの地域ブログ更新となりますが、今後は休眠預金事業を中心に活動内容などを紹介していきます。 今回は「台風15号・19号被災地支援プログラム」の実行団体である「NPO法人ながのこどもの城いきいきプロジ…

休眠預金担当のごあいさつ(休眠預金等活用事業)

この度、ジャパン・プラットフォーム(JPF)休眠預金事業担当となりました瀧田です。 JPFには2006年から2012年の6年間在籍し、5年ほどドイツで暮らした後、2017年に帰国、そしてJPFに戻ってきました。 コロナ禍により寄付の減少が見込まれる中、これまで社会…

休眠預金を使った被災地支援について(休眠預金等活用事業「2019年台風15号19号被災地支援」)

ジャパン・プラットフォーム(JPF)休眠預金事業担当の藤原です。 JPFでは、2020年7月豪雨(令和2年7月豪雨/九州豪雨)災害支援を開始しておりますが、同時に、昨年9月、10月に発生した台風15号・19号の被災者支援を、現在も引き続き行っています。 昨年の…