読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF) 公式ブログ

国際協力NGOをサポートする認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)のブログ。NGO・経済界(経団連、企業など)・政府(外務省など)が連携し、国内外の緊急人道支援を実施。寄付金・募金受付中。

幻の大イワナを求めて

岩手 東日本大震災支援(東北事務所)

こんにちは、ジャパン・プラットフォーム岩手県地域担当の高久です。私は、岩手担当として、遠野市を拠点に沿岸被災地や内陸などを日々動き回っています。10月に入り、遠野では徐々に寒さが増してきました。私は、岩手に来て4年目になりますが、岩手の冬の厳しさはいまだに慣れません。遠野は県内でも雪の多い場所です。この時期になると、いよいよあの冬が来るのかと身構えてしまいます。

そんな冬の長い岩手の生活において、冬が明けてから、次の冬が来るまでのシーズンは、長い冬を乗り切った「ご褒美」の様な期間だと私は感じています。

渓流釣りが大好きな私にとって、3月の解禁から10月の禁漁までの間はとても大好きな時期です。特に、気温が少し上がってくる5月~9月の週末は、殆ど川に入ってヤマメやイワナを釣っています。関東の渓流釣りしか経験のない私にとっては、すぐ裏の川で釣りが楽しめる環境や、魚影が濃く釣りに行けば必ずたくさん釣れる岩手の環境をとても堪能しています。一度川に入ると、数時間で10匹くらいは釣り上げることができます。家に帰った後は、塩焼、天ぷら、フライ、中華風あんかけなど様々な料理を作っています。

f:id:japanplatform:20140601083839j:plain

f:id:japanplatform:20140601091506j:plain

f:id:japanplatform:20150628203849j:plain

今回は、そんな私が昨年から狙い続けてきた「猿ヶ石川の幻の大イワナ」を追い求めるストーリーをお伝えします。

私が遠野で釣りを始めたのは昨年の事でした。JPF遠野拠点のすぐ裏には猿ヶ石川という川が流れています。地元の釣り人たちから「猿ヶ石川には40cmオーバーの大イワナがいる」という噂を聞いた私は、すぐに道具を揃え、川に入りました。通常、私が関東で釣りをしていた時には、イワナやヤマメは大きくても25cm程度でした。30cmを超えるものは「尺イワナ」、「尺ヤマメ」と呼ばれ、これを釣ることは釣り人の夢であり、ロマンであります。それが、すぐ裏の川に、尺を優に超える大イワナがいるという情報を聞いてはいてもたってもいられません。

情報収集しているうちに次のようなことが分かりました。

  • 遠野拠点の裏を流れる猿ヶ石川下流には田瀬湖という湖があり、この湖で大きく育ったイワナが5月~6月あたりに遡上する。
  • 大イワナの大きさは40cm以上。
  • 大岩の周りなどのポイントにいることが多い。 
    去年の6月、まず手始めに、すぐ近くのポイントに入り、ルアーを投げてみました。

f:id:japanplatform:20150524175419j:plain

しばらくして大きなアタリがあり、ラインがひったくられました。「大イワナだ!!」と心を躍らせやり取りをしていると、なんと、ラインが切れ、大イワナを逃してしまいました。それから、幾度となく裏の川に入ってはルアーを投げ続けるも、なかなか大イワナはヒットしません。それどころか、40センチを超えるイワナが、平然と私の目の前を泳ぎ去った場面にも遭遇したくらいです。結局昨シーズンは、大イワナを手にすることなく終了しました。「次のシーズンこそは大イワナを釣ってやる!」そんなことを思いながら禁漁期間中も、車での移動中など、良さそうなポイントを探していました。

 そして、待ちに待った今シーズン、6月のある週末、朝起きると昨日から小雨が降り続いていました。実は、小雨は渓流釣りには最高のコンディションです。雨による水の濁りや、水面に落ちる雨粒などにより、警戒心の強いイワナから人の姿が見えにくくなるからです。さっそく、以前から目を付けていたポイントに入りました。予想した通り、適度な増水と濁りが入っていました。濁りの中、魚側からルアーを見つけやすいように、普段より派手なアピール系のルアーを選択。手前の流れが緩やかなポイントでゆっくりルアーを泳がせていると、強いアタリ!! 昨年の教訓から、ラインが切れないように慎重にやり取りをしました。そして、無事、ランティング!!

f:id:japanplatform:20151021124058j:plain

大きさを測ると33cm!、40cmには及びませんでしたが、見事尺イワナをゲットしました!!釣り人の夢、尺イワナを釣る日がくるとは夢にも思いませんでした。この大イワナを育んだ岩手の大自然に感謝です。こうして、今年も釣りシーズンは幕を閉じ、禁漁期間に入りました。来年の目標は40cmオーバー。夢は膨らみます。もし、来シーズン、40cmオーバーのイワナを釣ることができましたら、この場で報告いたします。

ジャパン・プラットフォーム岩手県地域担当 高久


東日本大震災支援被災者支援特設サイト|認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)


国際協力NGOジャパン・プラットフォーム -日本・海外で緊急人道支援・援助を行う非営利活動団体(認定NPO法人)に寄付・募金を